INOB ORDER 2.0 イノビ・オーダー2.0  6/19~6/25

| コメント(0) | トラックバック(0)
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加Share on Tumblr
inoborder2bana.jpg

ajc0607toku-a-inob.jpg

INOB ORDER 2.0  イノビ・オーダー2.0

〜拡がりと繋がりから新しい価値を見出す町歩きアートイベント〜

イノビ・オーダーは、いの美術展関連企画として始まった、いの町を中心とする作家
によるアートイベントです。
第2回目となる今回は、いの美術展5周年を記念して、県内外から約30名の作家が
参加し、平面、立体、写真、映像、インスタレーションなどの作品を展示します。
また会場もギャラリーコパや古民家、空店舗など11ヵ所に増やし、いの町(旧伊野町)
全体に規模を拡大します。


いの町は清流・仁淀川の恵みを受け、紙の町として古くから栄え、町民は子どもの頃から紙工芸や絵に
慣れ親しんでいます。町内にある紙の博物館では県内規模の公募展である「いの美術展」や世界的に
評価の高い「高知国際版画トリエンナーレ展」などが行われています。
イノビ・オーダー2.0では、美術館やギャラリーの中で鑑賞するだけではない、より身近なアートを通じて、
クリエイティビティ(創造性)の土壌が整ったいの町の、さらなる文化的な発展を目指します。
また、土地固有の伝統や歴史などを現在の視点で見つめなおし、様々な問題を抱える地域社会が今後
生き残っていく為に必要な、現代的なクリエイティビティの在り方について考えます。

日時: 6月19日(火) 〜 6月25日(月)
          午前9時 〜 午後5時
会場: いの町  ギャラリーコパ、古民家、空家、倉庫、琴風亭、まちかど市2階など全11会場
※会場によって日時が異なる場合があります


■会場別解説
●会場Aーギャラリーコパ
滝石公子 平面、雨森文 平面、森岡智子 平面、石見陽奈 平面、浜口亮太 写真、
竹田篤生 立体、大野洋平 平面
〜※この会場のみ入場料100円。
大黒さま(椙本神社)の隣りにある、円形状のギャラリー空間。
第三回いの美術展大賞受賞作家の立体など、県内の新進気鋭の作家たちによる作品を展示。

●会場Bー図書館はす向かいビル1階
玉木かつこ 立体、岡本明才 写真
〜普段はシャッターの閉まっている、三角形の廃ビル1階のシャビーな空間。県内外で活躍する、造形作家と写真作家によるアウラとプンクトゥム。

●会場Cー久原宅
山中タカラ インスタレーション
〜能の舞台の様な造りになっているちょっと変わった空間。
第1回イノビ・オーダー参加、現在京都在住の作家による水を使ったインスタレーション。

●会場Dー上田古民家
横江孝治 平面、浜口寛子 言葉
〜立派な古民家の厳粛な空間。二人の作家による絵画と言葉の展示。
向かいにある呉服屋の店主から、いの町の歴史話など聞けるかも。

●会場Eー森下古民家
土方佐代香 平面
〜かつて紙の卸問屋だった古民家。第一回いの美術展大賞作家による平面作品展示。

●会場Fー真鍋倉庫
ももよん芸文チーム 平面、立体
(荒木志穂、稲田友加里、筒井美夏、三浦夏実、島崎桃代)
大木裕之 妖精
〜インダストリアルな空間。ももよん率いる現役大学生メンバー5名による平面、立体作品などのフレッシュな展示に加え、映像作家・大木裕之が今回、妖精として参加。どういう意味なのかは不明。

●会場Gーとっしゃん亭2階
川村愛 平面、藤本衣 木版画、西村知巳 写真
〜いの町で出会った高知、兵庫、東京在住の3作家が、古民家2階の16畳和室で作品展示。
※6.23(土)、24(日)限定で、とっしゃん亭住人とっしゃんによる
おもてなしカフェオープン。

●会場Hー琴風亭
Jono Ryan 写真、Emily Snell 立体、Stephanie Stoner 平面、
Mia Reiko Braverman コミュニケーションアート
〜土電いの駅すぐ西の琴平神社へ続く階段を登り、鳥居手前にある茶屋風の会場が、インターナショナルな展示空間へ。

●会場Iーまちかど市2階ギャラリー
濱田公望 映像、柴田聡子 映像、澤崎賢一 映像、苅谷昌江 映像、宮崎大祐 ※上映会
〜高知・京都・神奈川在住作家による映像作品展示会場。
上映会では映画監督・宮崎大祐が会期にあわせて来高して撮影、編集した短編映画「アニーホール2.0」を上映する。※上映会は6.23(土)、24(日)のみ。

●会場Jー幸町集会所
6.23(土)、24(日)限定カフェ
沖の島アートプロジェクトなどで、食にまつわる活動をしている
高知県立大学女子大生チームguu による、いの町地産地消JDカフェ。
guuメンバーも農作業をお手伝いした、いの町刈谷農園さんの畑で
収穫された食材を使用。

●会場Kーペーパーラボ2階
参加作家による小品などの販売。
※営業10:00-17:30、日曜定休日
道が狭いのでお車の方は十分注意を。

●紙の博物館
第五回いの美術展
6.19(火)〜7.1(日)
月曜休館日 
9:00 〜17:00
入館料:大人500円 ・ 小人100円

(解説:濱田公望)



■関連イベント
ライブイベント・パーティー「イノビオーダーナイト・ライジング」
・日時:6月23日(土)17時〜21時 
・会場:ギャラリーコパ1階 
・入場料:¥1,000 (ドリンク、軽食付)
・ライブゲスト: Mia Reiko Braverman、QUINCY MCQUEEN、Human Boot Project、
      ABCDyamasaki、and more...


・ 駐車場には限りがあります。出来る限り、公共交通機関等のご利用をお願い致します。
なお、周辺道路等への駐車は近隣の皆様のご迷惑となりますのでご遠慮ください。
・ JR伊野駅で、観光協会がレンタサイクルを行っております。(貸出し料:500円)
台数は少ないですが、JRでお越しの方はご利用下さい。


高知県文化財団助成事業
主催:いの美術展実行委員会  tel 090-9554-8833  mail inobi@docomo.ne.jp
  イノビ・オーダー  blog http://d.hatena.ne.jp/inoborder2/  mail inoborder@gmail.com
共催:いの町紙の博物館 088-893-0886
協力:いの町観光協会 088-893-1211、いの町商工会 088-892-0474
後援:高知県手すき和紙協同組合・いの町・いの町教育委員会・いの町文化協会・高知新聞社・RKC高知放送・NHK高知放送局・KUTVテレビ高知・KSSさんさんテレビ

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://artinkochi.flier.jp/artjpnch/mt-tb.cgi/1507


   white space に  
情報投稿する? 

ご意見箱     
opinion BOX  

【お知らせ】
サイトをリニューアル致しました。(2012.1.31)

スマートフォンに対応しました。(2012.2.6)
名称をwhite spaceに一新しました。(2012.7.29)

アーカイブ